大阪市北区南森町駅徒歩3分の鍼灸治療院

当院の考える元氣・健康とは?

元氣・健康とは
①『異常の中で正常を保つ力』
②『自分を楽しくし、他人を快くする力』
と考えています。

①『異常の中で正常を保つ力』
ひとの心身は異常事態の連続です。
なぜなら状態や状況、そして環境は絶えず変化しているからです。
その異常事態の中で、正常な状態を保つ力、それが元氣・健康の力です。
元氣・健康の力が働いていれば、病気や不調になってもすぐに回復します。
しかし、元氣・健康の力が働いていないと、悪化したり、長引いたりします。
例えば風邪を引いた時。
風邪を引いても熱がでて、すぐに良くなるひとは元氣・健康の力が働いています。
ですが、1週間以上長引いたり、咳だけがで続けたりするひとは、元氣・健康の力が正しく働いていません。
病気や不調になると元氣・健康ではないと考えるひとがいますが、実はそうではありません。
病気や不調から症状がでます。
症状は心身を回復するためにでます。
心身を回復させるのは元氣・健康の力です。
元氣・健康の力が正しく働いているからこそ、必要な症状がでます。
心身に必要な症状をだすことで、異常を正常に戻すのです。
そのため初期の段階では、元氣・健康だからこそ病気や不調から症状がでるのです。
風邪をひいた時、元氣・健康であれば、くしゃみ、鼻水、咳そして熱がでることで回復します。
腰痛や肩こりならば、痛みや凝りが症状です。
痛みや凝りをだすことで細胞を回復します。
ですので、間違った症状の緩和をしてしまうと、元氣・健康の力を妨げ、弱らせてしまいます。
咳止めの薬を飲めば、咳は止まるかもしれません。
ですが、元氣・健康の力は妨げています。
腰痛や肩こりも同じです。
痛みや凝りの緩和をしても、原因が取り除かれていないと、回復したとはいえません。
痛みも凝りも再発します。
場合によっては、痛みや凝りの緩和が事態を悪化させていることもあります。
当院では病気や不調を正しく捉え、あなたの元氣・健康(異常の中で正常を保つ力)をクリエイトします。

②『自分を楽しくし、他人を快くする力』
元氣・健康の力は伝わります。
そして目的を達成するには、元氣・健康の力を伝えなければなりません。
元氣・健康が伝わるには、まず自分が楽しいことです。
そしてその楽しさが、他人を快く感じさせることです。
自分の元氣・健康が伝わると、そのエネルギーは必ず、大きくなって返ってきます。
達成したい目的があるなら、それを達成した時の自分は楽しく、繋がりのあるひとたちが快く思うことで、元氣・健康のエネルギーは大きくなり、強く働きます。
ですが、目的を達成しても自分だけが楽しく、周りが不快に思う、もしくは自分も楽しくないのであれば、元氣・健康の力は働きません。
当院ではあなたの元氣・健康(自分を楽しくし、他人を快くする力)も一緒にクリエイトします。
これが当院の考える、元氣・健康『異常の中で正常を保つ力』『自分を楽しくし他人を快くする力』です。

powered by crayon(クレヨン)