直観力トレーニング

直観力トレーニングとは?

直観力トレーニングは心と體(からだ)のセンスを磨きます。
センスを磨く理由は、ひとの生き方がセンスによって変わるからです。
デートにどんな服を着て行きますか?
休日をどんな風に過ごしますか?
服装も過ごし方もセンスで変わります。
現代は自分が何をしたいか分からないひと、自分の軸がなくて困っているひとが増えています。
そういうひとは生き方のセンスを磨くことで、目的や目標を見つけることができます。
目的や目標はあるけど、どうしたら良いのか分からないひとは、何をするべきなのか?に氣づけるセンスを磨くことで、目的や目標を達成することができます。

江村鍼灸院ではお腹の感覚、産霊の感覚、呼吸の感覚を磨くことで、生き方のセンスを磨きます。

お腹の感覚

お腹の感覚をわたしはハラ、和多志と表現しています。
お腹の感覚をわたしは、わたしの経験でしか語れません。
まずはそのことをご了承ください。
お腹の感覚をわたしは體験から六番目の感覚、シックスセンスだと感じています。
それは五感と同じ感覚器という解釈です。
わたしは五感のようにお腹で世界を感じています。
それは、五感で受け取れない情報の収集が可能ということです。
ですが、見えないものが見えたり、聞こえないものが聞こえたりするわけではありません。
お腹独特の感じる感覚です。
お腹独特の感覚ですが、感覚がつかめてくると情報を受け取っていることに氣づきます。
お腹の感覚の第一段階は、この氣づきを目指します。
氣づきを得れば、お腹の感覚が何にどうやって使えるのか分かります。

産霊の感覚

お腹の感覚と同様に産霊の感覚もわたしの経験で語ります。
産霊の感覚は簡単に言うと繋がる感覚です。
それはひとや物、過去や未来と繋がる感覚です。
繋がるということは関係するということです。
わたしたちはあらゆるものと関係することができます。
そして産霊による関係は高度な意思疎通を可能にします。
この高度な意思疎通を、日常に応用できるようにします。

呼吸の感覚

呼吸の感覚は流れ感じる感覚です。
あらゆるものには流れがあります。
流れは動きから生まれます。
呼吸の感覚は流れと動きを捉え、コントロールを可能にします。
それを日常に応用できるようにします。

powered by crayon(クレヨン)