直観力トレーニング

直観力トレーニングとは?

直観力トレーニングは、武道から学んだことを幅広く、日常に応用できるようにしたものです。

どのようなことができるのか?という疑問の答えは、『先を予見し、的確な行動ができるようになる』です。

【直観】推理によらず、直接的・瞬間的に、物事の本質をとらえること。

決断を迷うのは、先が見えていないからです。

直観力は空想ではない先を予見させ、進むべき道を教えてくれます。

さらに、直観力を養うと創造力も高まります。

創造は閃きを導きます。

閃きは『先をクリエイト(創造)することで浮かび上がるイメージ(想像)』です。

答えを探していても、閃きは起こりません。

自分の答えは自分で決めてしまうことです。

そうすれば、答えと自分を繋ぐ道がイメージとして浮かび上がります。

これが閃きのメカニズムです。

理想の未来像を空想にせず、決めてしまうことでそれは創造されます。

思うように生きたいのなら、まずは創造することです。

直観力トレーニングでは、先をクリエイトする力で目的の達成、構想の具現化を実現します。

トレーニングプログラム

①創造×閃き×想像の仕組み
②意識の産み出す影響力
③影響力の使い方
④緊張、脱力、リラックスの違い
⑤創造にリラックスが必要な理由
⑥リラックス導入
⑦呼吸と調和
⑧明確に意識をコントロールする条件
⑨創造×産霊×意思疎通

powered by crayon(クレヨン)